食事・保健ニュース 9月号

 8月の暑さはとても厳しかったですね。
食欲が落ち、つい冷めたい物ばかり食べてしまうなど、偏った食生活をしていませんでしたか。
まだまだ暑い日が続きそうなのでしっかり食べ元気に登園できるようにしましょう。

 


今月の目標
・朝ご飯を必ず食べて登園しましょう!

今月のレシピ
 みたらし団子

【材料】(4名分)
・白玉粉    100g
・絹豆腐    120g

【タレ】
・水       120cc
・こい口しょうゆ 大2
・さとう     大6
・みりん     大2
・片くり粉    小4

●作り方
 ①タレ材料をなべに入れ混ぜ合わせ、しっかりと混ぜ合わさったら火にかけとろみがついたら火を止める。
 ②白玉と豆腐を合わせてもみこみます。
 ③耳たぶのやわらかさになってつやになるまでもみこみます
 ④たっぷりのお湯に丸めて入れてうき上がったら冷水に入れて冷ます
 ⑤タレをからめたらでき上り。

★今年のお月見は、10月1日です。
 お月見とは1年の中で最も空がすみわたる日
 旧暦の8月に美しく明るい月をながめる日本行事の1つです。

子供の食べる意欲を育みましょう。
 ①食事は1日3回とおやつが基本です。
  だらだら食べ続けると肥満にもつながります。
  時間を決めてしっかり食べましょう。
 ②手作りの良さを見直しましょう。
  調理する様子、音、匂いを一緒に感じることで五感から食欲を刺激します。
 ③体をたくさん動かして遊ぶことは、心身共にとても大切です。
  心地良い食欲が生まれます。
 まだまだ残暑が続きますが、これからは過ごしやすい日も増えてきます。元気いっぱい夏を過ごした子どもたちも夏の疲れが出やすくなる時期です。
 ゆっくりお風呂に入り、たっぷり睡眠をとるなどして体調を崩さないように気をつけましょう。
       <8月1日~8月26日>
突発性発疹症     2名
アデノウイルス感染症 2名
溶連菌感染症     1名
熱がなければ入っても大丈夫です。かぜの時のお風呂は疲れをとるためではなく、皮膚を清潔にすることが目的なので汗や汚れが取れれば十分です。体力の消耗を防ぐ為、お湯の温度はあげすぎず湯冷めしない環境をつくりましょう。お子さまが嫌がる時は、無理にお風呂に入れるのはやめましょう。
9月1日は防災の日。9月9日は救急の日です。もしもの時に備え、非常食や水、ラジオ、懐中電灯などを用意しておきましょう。また、お子さまにも火事や地震が起こったらどのようにするべきか、又、煙を吸わずに逃げる方法や地震の時は机の下に隠れるなど、日頃から繰り返し話をして、緊急時に備えるようにしましょう。
◆家の中にも事故やけがを招く危険な物がたくさんあります。事故を防ぐために確認してみましょう。
・子どもの手の届くところに置いてはいけない物(薬・洗剤・たばこ・ライター・ポット・炊飯器・包丁などの刃物・針・子どもが飲めるくらいの細かい物など)
・踏み台になる物は窓際やベランダに置かない
・コンセントなどをいたずらできないようにする
・遊び食べに注意する(食べ物が喉に詰まることがある)
・浴室には、子ども1人で勝手に入れないように工夫する
猛威をふるっている新型コロナウイルスを始め様々なウイルスやばい菌は体力が弱った体に入ろうとチャンスを狙っています。
外から帰ったら、しっかりと手洗い・うがいをしましょう。


(C) shimizugaoka -kodomoen All Right Reserved