食事・保健ニュース 8月号

 梅雨もあけ、本格的な夏の到来です。猛暑日が続くと思うので水分補給をこまめに行い、脱水にならないように心がけていきましょう。

 


今月の目標
・きちんと三食とり生活リズムをくずさないようにしましょう!

今月のレシピ
 ピーマン入り甘辛団子
【材料】
・豚ひき肉    200g
・ピーマン     2コ
・コーン      30g
・パン粉     適量
・揚げ油     適量

【タレ】
・酢       大2
・さとう     大1
・ケチャップ   大1
・しょうゆ    小1
・水とき片くり粉 適量

●作り方
 ①ピーマンはコーンと同じ大きさに切る
 ②ピーマン・コーン・豚ひき肉・パン粉をボールに入れ、ねばりがでるまでしっかり混ぜ合わせる
 ③180℃に熱っした油にミニトマトの大きさに丸めた②を入れ、きつね色になったら取り出す。
 ④フライパンに、タレの材料を入れ、弱火にかけとろみがでてきたら③の団子をからめたらでき上がり。

★夏こそ豚肉!
 豚肉は、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1が含まれてます。
 ビタミンB1が不足すると疲れやすくなったり消化吸収が低下して、夏バテの原因にもなります。
 7月から気温の高い日が続いています。暑いと体力が落ちて食欲がわかないことや、つい冷たい物ばかりを食べてしまうことがあります。
 暑さに負けない体づくりをするためにも、しっかりと食事を食べられる工夫をしましょう。
       <7月1日~25日>
感染性胃腸炎    4名
ヘルペス歯肉口内炎 1名
毛ジラミ      1名
 クーラーを使用する時期となり、冷やしすぎなどによる寝冷えが増えてきます。クーラーや扇風機は様子をみながら止めるようにしましょう。また、パジャマは汗を吸収しやすい綿やタオル地の物を着せ、上着はズボンの中に入れます。寝る前はお腹にタオルケットなどをかけましょう。

 夏バテの大きな原因は、暑さによる食欲低下で、冷たい飲食物の摂取が多くなり、食事のバランスが偏ってしまうことです。また、大量の汗をかくことで体が水分不足になり、熱帯夜の寝苦しさからくる睡眠不足などの条件が重なって体調を崩す場合が多いようです。

<夏バテ予備軍チェックリスト>
□冷たい麺類など火を通さない料理を食べることが多い
□冷たい飲み物やアイスをたくさん摂る
□野菜は、ほとんど食べない
□冷房の効いた部屋に長時間いて寝る時間もクーラーをかける
□入浴は、シャワーで簡単にすませる
□夜更かしをする
□運動量が少ない

<夏バテSTOP!!>
・普段から軽い運動をしてお風呂にゆっくりつかりましょう。
・室内で過ごす時は、冷やしすぎに注意し、寝る時はタイマー設定にしましょう。
・野菜をしっかりとりましょう。
・みそ汁も夏の疲れた胃腸には、ぴったりです。
 乳児が蚊に刺されると大人より反応が遅く、1~2日後に症状が出ることがあります。時間が経つにつれ、赤く腫れたり、水ほうができたり、大きく腫れあがります。
 これは、虫さされの経験が少ない為におこる激しい炎症反応です。
 刺された直後に洗って冷やし、薬を塗ってもよくならない時は、病院でみてもらいましょう。
 虫さされは、かきこわしてとびひになることがあります。早めのケアと予防を!!
◎虫さされ予防◎
・肌の露出をなるべく防ぐ
・虫の多い時間帯や場所をなるべくさける
・虫よけグッズを使用する


(C) shimizugaoka -kodomoen All Right Reserved