清水ヶ丘保育園 園だより
2020年 10月号

 木々の葉の色も少しずつ変化し、秋の訪れを感じる頃となりました。先月は大型台風に振り回されましたが、日頃からの準備が大切だと学ぶことができました。
 今月は規模を縮小しての運動会開催となりますが、子どもたちの日頃の運動あそびの様子や、楽しくおともだちと参加する姿を見ていただけたらと思っています。ふじぐみさんにとっては、園生活最後の運動会。当日は勿論のこと、練習の際は他クラスとも交流しながら様々な経験を通して思い出の1ページを作ってくれるように、楽しく過ごしたいと考えています。
 新型コロナウイルス感染症の発症も少しずつ、減ってきてはおりますが、今後も油断することのないよう、手洗い、手指の消毒、マスクの着用、検温のご協力をお願いします。

◎ 秋の自然の移りかわりに気づきながら、のびのびと遊ぼう

◎ おともだちと協力して最後まで頑張ろう




 収穫の秋を迎え、果物や野菜、新米と食欲をそそる季節がやってきました。
 そこで「食育」という観点から、子どもたちの食と健康を考えてみませんか。生まれながらにして好む味は「甘味」「塩味」「うま味」でこれらは母乳にも含まれている成分で、生きていく為に必要な栄養素(エネルギー・ミネラル・タンパク質)を必然的に摂取していることになります。
 母乳から固形の普通食になる段階で必要とされるのは、様々な食材や味に慣れることです。1度口にして苦手だから出さない、これは食べるから毎日、ではなく、食べる「経験」を増やしていきましょう。

 園庭を使っての運動会の練習が始まっています。
 初めてふじぐみがカラーガードの練習を外でした日、音楽が流れると他のクラスの子どもたちも遊ぶのをやめて、ふじぐみさんの姿に集中していました。
 「かっこいいねー」「すごいねー」と見つめ、ふじぐみは見られていることをパワーにかえて、ますます声を出したり、足を高くあげたり。
 今年も他クラスが憧れるふじぐみさんの成長を感じています。

 生まれたての赤ちゃんの目は、大きさは小さいものの、大人の目と殆ど同じ形をしていますが目の働きは未完成で、体が発育するにつれて段々、視力がよくなっていきます。
 はじめは、明るい暗いから白黒、生後3か月で0.01程度、1歳で0.2 3歳で0.8前後、6歳で1.0前後の視力だそうです。
 園生活の間が子どもたちの目(視力)の発達にとって、とても重要な時期だと言えそうです。 テレビの画面に近づいて見たり、顔を傾けて見る、目を細めて見る、黒目の位置が左右対称でないなどの症状が見られた時は早目に受診しましょう。
 人の一生にとって大切な目、しっかり守ってあげましょう。


7日(水)・14日(水) 運動会予行
8日(木) 誕生会
13日(火) 動物ふれあいデー
17日(土) 運動会(ひまわり・たんぽぽ)
24日(土) 運動会(ふじ・ばら)
 

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 子どもの叱り方に悩んでしまいます。小さいからまだ伝わらないかなぁと思うし。どうしたらいいのか。
 子どもの叱り方に悩んでしまいます。小さいからまだ伝わらないかなぁと思うし。どうしたらいいのか。
A.「してほしくないことを何回も繰り返して、つい親も感情的になってしまって」と子どもたちの行動に対してどうしたらいいのか...という悩みをよく受けます。危ないことをした時などつい声が出てしまって、その繰り返しになっていませんか。叱るのに大切なのは「タイミング」で、叱ることにおっくうになってはいけないとのこと。またガミガミ叱る前に一呼吸おいて、子どもの気持ちを察する一言をかけることも、感情的に叱らないポイントのひとつだそうです。
 0歳児であっても、大人のような理解はできないものの、丁寧に表情豊かに伝えてあげると、段々伝わるようで、子どもに伝わる叱り方が重要です。また叱る側も叱る基準がぶれたり、昔のことを引っぱり出して重ねあわせて伝えようとすると、子どもも「この前は叱らなかったのになぜ?」と思ったり、「それいつのこと」と言われてることがぼやけてしまいます。(東京大学名誉教授 汐見稔幸先生の話より)
 NHKの「すくすく子育て」の中に年齢別叱り方のコツがありました。〔0~1歳〕短く、わかりやすく、表情豊かに。擬音語・擬態語を使う〔1~2歳〕1歳半を過ぎると自我が芽生え、自分の気持ちが強くなってくる。叱る前に子どもの気持ちに共感する言葉をかける。〔3~4歳〕少しずつ親の気持ちを理解し始める。その場で具体的な言葉で説明する〔4~5歳以降〕社会のルールや他人の気持ちがわかるようになる頃。自分の欲求をコントロールできないため、丁寧な説明が必要。子どもの成長に合わせて、焦らず根気強く伝えていきましょう。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved