清水ヶ丘保育園 園だより
2019年 11月号

 立田山や公園の木々が少しずつ色づき始め、季節の移りかわりが身近で感じられるようになりました。戸外あそびには絶好の時季となり、園庭を走りまわったり、お散歩に出掛けて木の実や葉っぱをひろってくる子どもたちです。毎回、おみやげが楽しみです。
 今月は、もも・ゆり・たんぽぽぐみの生活発表会や、消防署見学など、楽しみな行事がたくさんあります。元気に楽しく参加できるよう、体調管理をよろしくお願いします。
・秋の自然に触れ、その恵みに感謝する
.
・身近で働く人に感謝の気持ちをもつ

・言葉あそびや、おともだちとの会話を楽しむ



 先月、13日に行いました、たんぽぽぐみ以上の運動会では強い風の中、たくさんのご協力をいただき、実施することができました。ありがとうございました。

 かけっこ、ダンスと暑い中練習をしてきた子どもたち。無事に運動会を終えて、そのお顔には、自信と達成感がいっぱいでした。
 特に、ふじぐみさんにとっては園生活最後の運動会で、練習の時も小さいクラス優先になり、他クラスが終わって真っ黒になりながら毎日、日射しを浴びての練習となりました。
 日に日に上手になり、ダンスはピッタリ息も合い、他のクラスや先生たちから拍手をもらいニコニコでした。当日も本当にカッコイイ姿を見せてくれましたが、すっかり生活の中に入っていたようで終わってからも「今日の練習はしないの?」の声。自分たちから「やりたい」という気持ちが伝わりました。


 ひまわりぐみ、ふじぐみが取り組む、運動会恒例の組体操。砂場で遊んでいたゆりぐみさんも見様見真似で両手をひろげ、片足を上げて「ヤー」のかけ声。
 いつか自分もする、という憧れを頂いたようでした。数年後、次は憧れられるお兄さんお姉さんになってくれることでしょう。

 秋は気候の変わり目であり、日々の天気も変わりやすい時期です。明け方の冷え込みも厳しくなります。体調管理には十分気をつけたいものです。
 しっかり体づくりをしながら、楽しい時間を過ごしましょう。旬の食べ物は栄養価も高く、おいしいものが沢山。また寝る前の読み聞かせも、親子の絆を深めることでしょう。

6日(水) ふじぐみ防災センター見学
7日(木) もも・ゆり・たんぽぽ予行練習
9日(土) 市保育園連盟体育祭(園長をはじめ7名の職員が参加します)
12日(火) 誕生会
13日(水) 消防署見学(ばら・ひまわりぐみは清水出張署に)
16日(土) もも・ゆり・たんぽぽ生活発表会
19日(火) 内科検診
20日(水) 動物ふれあいDay
21日(木) 三気の家との交流会
22日(金) 保護者親睦ミニバレー大会
30日(土) もちつき
       ふじぐみ懇談会
12月の予定
6日(金)誕生会
11日(水)17日(火)ばら・ひまわり・ふじ予行
21日(土)生活発表会
25日(水)クリスマス会
28日(土)保育納め

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 子どもがままごとや、ごっこあそびをするようになりました。どのように接したらいいのでしょうか。準備した方がよいものがありますか。
 子どもたちは〇〇ごっこや、見立て遊びが大好きです。年齢によって遊びの内容には差がありますが、飲む真似をしたり、お母さんの買い物を真似してみたり様々です。その中で子どもたちは、相手の立場を踏まえた‟セリフ”を口にしたり、協調性が身についたり、より想像力を使って遊びます。大人が一緒に遊ぶ時、気をつけたいのは、この遊びにはこのオモチャ(道具)と決めつけないこと。子どもたちが創意工夫して遊ぶことが大切です。「わぁステキ!」「なるほど」と共感してあげましょう。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved