清水ヶ丘保育園 園だより
2019年 3月号

 子どもたちと散歩に出掛けると、どこからか、花の香りが漂ってきたり、公園の桜のつぼみが少しふくらんでいたり、静かに春の足音が近づいてきているようです。今年度も残り少なくなり、各クラス一年間のまとめも時期に入っているところですが、何よりも子どもたちの成長に驚かされるばかりです。心も体もひとまわり、ふたまわりと大きくなったように感じます。
 保健室や担任がかわり、慣れずに泣いていた姿が、昨日のことのように思い出されます。
就学、進級に向けて、ひとりひとりが自分に自信を持ち、輝く春に向って、1歩1歩前へ進んでいけるように、優しく背中を押してあげたいと思っています。

◎ できるようになったことを確認しながら、身のまわりのことを自分でやってみよう

◎ 戸外に出掛けて春を探そう



 先月の20日には、ふじぐみさんは清水小学校に出掛けて、1年生と交流したり、在園児は進級するクラスのお集りにに参加するなど、様々な形で"進級ごっこ"を楽しんでいます。
 ワクワク、ドキドキの期待に満ちた日々を過ごしています。

 今年は23名の子どもたちが清水ケ丘を巣立ちます。ももぐみを2年に渡り過ごしたおともだち、途中入園で仲間になったおともだち。在園年数はそれぞれですが、きょうだいのように一緒に過ごし、様々な体験をして卒園していきます。
 23名の未来が明るく夢に向かって歩いていくことを願っています。
 卒園おめでとう。

 日々成長する子どもたち。昨日とは違う子どもたちの姿を探してみませんか。
 ももぐみの連絡帳を読ませていただくと、「自分でスプーンを持ちました」「くつ下をひとりで脱げました」と発見がたくさん。新鮮な目で喜びの言葉があふれていました。段々できて当たり前と、子どもたちの「できたよ」に慣れっこになっているご家庭はありませんか。「すごいね」「できたね」の一言が次の成長につながるでしょう。

1日(金) ひなまつり会
5日(火) 三気の家との交流会(ひまわり)
8日(金) お別れ遠足(ばら・ひまわり・ふじ)
9日(土) 新入園児説明会
12日(火)19日(火) 卒園式(退園式)予行練習
15日(金) 誕生会
23日(土) 卒園式準備
24日(日) 卒園式
 27日(水) ふじぐみ思い出遠足
4月の予定
6日(土)入園式
13日(土)お見知り遠足と保護者会総会

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 ついつい車での移動ばかりで、子どもたちが歩こうとせず、抱っこも重くなってしまって・・・
 車社会の現代、意図して歩く機会を作らないと本当に足元から足元まで車での往復となり、歩くのは車から降りて玄関までの数歩、というご家庭も増えているのではないでしょうか。
 文部科学省の幼児期運動指針では、体力、運動能力の向上や、健康的な体、意欲的な心の育成、社会適応力、認知能力の発達を幼児期における運動の意義として、様々な遊びを経験したり、楽しく体を動かす時間を確保することを提唱しています。
 まず、手をつないで家の周囲を歩く、少し広い公園を歩く、体がほぐれたら一緒にかけっこしたり、鬼ごっこをするなど、ぜひ一緒に体を動かす時間を作ってみましょう。


平成30年度も、園へのご理解とご協力、ありがとうございました。(職員一同)

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved