清水ヶ丘保育園 園だより
2017年 1月号

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。    職員一同


  2017年がスタートしました。楽しいお正月を過ごされたことでしょう。昨年は、地震や水害と自然の怖さを実感した一年でした。水の大切さ、物の大切さ、そして命の大切さをあらためて知ることができ、日頃の生活を見直す機会となりました。今年度も残り少ない日々ですが、子どもたちと一日一日を充実したものにして、進級への期待を持てるように過ごしていきたいと思います。

◎ 寒さに負けないで元気に過ごそう。

◎ 伝統行事を知り、楽しく参加しよう
〜初詣やどんどやなど伝統行事には、その意味が込められています。後世に伝えましょう〜




 ふじ・ひまわり・ばらぐみの発表会にはたくさんのお客様に来ていただき、子どもたちは緊張しつつも、練習の成果を発揮し、最後まで頑張ることができました。おほめの言葉もいただきました。狭い会場でご迷惑をおかけしましたが、そのような中でも「ここを空けますよ」や「一緒にどうぞ」という譲り合いの言葉が聞かれたようです。とかく自己中心的な考え方が多い中、子どもたちにも発表会や行事を通して相手を思いやる気持ちや協調性を身につけてほしいと考えています。あたたかい応援ありがとうございました。

 最近、新聞の記事で、子どもの携帯電話依存症が問題となっているとのこと。いかがですか。画面を見て喜び、自分で操作することで満足している姿を見かけたことがあります。本来の携帯電話の目的が理解できない時期の使用は、持たせっぱなしにならないようにしましょう。

4日(水) 体育はじめ
6日(金) 初詣
13日(金) どんどや
14日(土) ひまわり懇談会、ママの会
20日(金) 誕生会
24日(火) 発表会予行
28日(土) もも、ゆり、たんぽぽ発表会
2月の予定
1日(水)スケート教室
3日(金)節分、豆まき
8日(水)スケート教室
17日(金)誕生会
18日(土)ももぐみ懇談会
25日(土)ふじぐみハッピーランチ、就学前懇談会

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 何でも自分でしようとするのはいいのですが、時間がかかって困っています。
 洋服選びや、靴はき、食事など、何でも自分でしたがり、嬉しい反面、返って時間がかかったり、手伝おうとすると嫌がったり。朝の忙しい時間だと、余計に大変かもしれません。でも裸ん坊でお母さんから産まれてきた子どもたちは、日々、学んで自分の体を守る為に、食べたり、着たり、人として成長していきます。ちょっとだけ待ってあげてください。「早くして」の言葉より、「すごい、ひとりでできたね」の言葉の方が次への大きな力になります。時々、大人の都合で一生懸命ひとりでしようとする姿を見ずにただ声かけだけしている光景を目にします。同じ目線になって、できた時の喜びを共有してみませんか。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved