清水ヶ丘保育園 園だより
2016年 12月号

 舞い散る枯れ葉や冷たい風に、本格的な冬の訪れを感じるこの頃、あっという間に時は過ぎ、今年も残りひと月となりました。
 今月は、3・4・5歳児クラスの発表会が控えています。劇あそびに合奏、うたなど、各クラス、おともだちと心をひとつに練習に取り組んでいます。体調を崩すことなく全員参加で当日を迎えてほしいと思います。きっと小さいおともだちもお兄さんお姉さんの姿に刺激を受けることでしょう。

◎ 季節の行事や自然の変化に興味・関心をもちながら、あそびに取り入れて楽しもう。

◎ 寒さに負けないで、体を動かして遊ぼう。




もちつきをはじめ、年末年始にかけて、様々な伝統行事があります。ひとつひとつに意味があることを伝えながら、園やご家庭で体験してほしいと思います。そしてまた次の世代に残していきたいものです。

 11月のお誕生会が終わった後、全クラスで「お店屋さん」をしました。ももぐみのキャンディーやさんからふじぐみのお寿司屋さんまで、様々なお店が開店し、紙でできたお金をもった子どもたちは、瞳を輝かせながら品定めをしていました。ふじぐみさんのお店のお手伝い姿も、小さいクラスの憧れになったようです。ごっこあそびの中でも子どもたちは社会体験につながる学びがあります。

 同封していた文章をよく読まれて、各クラスの提出日に間に合うよう、ご準備ください。

3日(土) たんぽぽぐみ懇談会
8日(木)14日(水) 予行練習
17日(土) ばら・ひまわり・ふじ生活発表会
20日(火) 誕生会
22日(木) クリスマス会
28日(水) 保育納め
1月の予定
4日(水)保育納め
6日(金)初詣
13日(金)どんどや
14日(土)ひまわり懇談会
19日(木)三気の家との交流会
20日(金)誕生会
28日(土)もも・ゆり・たんぽぽ発表会

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 番外編 主任のつぶやき
 「手は突き出た大脳」という言葉を聞いたことありますか。確かに体の部分は脳からの指令で動きますが、手と脳のつながりが、他の部位よりも深い関係にあるようです。生まれてすぐの赤ちゃんがグーの形の自分の手をしっかり見つめる姿、かわいいです。その後パーができるようになると、自分の意志で動かすかのようにグーパーを繰り返しながら目で追います。子どもたちは手で刺激を受けることで逆に脳に刺激を与えているのです。砂あそびや、水あそび、たくさんのあそびを体験してほしいと思います。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved