清水ヶ丘保育園 園だより
2016年 5月号

 今までに経験のない大きな揺れ、熊本を襲った大地震、小さな子どもたちにとっても、大人にとっても、忘れることのできない体験となりました。生活が落ち着くまでには、少し時間がかかると思われますが、みんなでのりこえましょう。ひとりで考え込まずに、周囲とお話をすることで気分がかわるかもしれません。
 今月は様々な行事を計画しておりますが、都合により、変更となる場合もありますが、職員も一丸となって、子どもたちの心のケアに努めながら、楽しく園生活が送れるように努力してまいります。一緒に前に進みましょう。

◎ 体調、生活リズムを整えながら、元気に遊ぼう。

◎ 生き物と触れ合い、命の大切さを学ぼう。




 地震後、行政からの指示で休園となり、大変ご迷惑をおかけしました。電話口で「先生方は大丈夫ですか」と声をかけていただき大きな励みとなりました。

 4月9日のお見知り遠足、保護者会総会にはお忙しい中、多数ご参加いただき、ありがとうございました。新入園児さんも保護者と一緒で笑顔が見られ、楽しい時間となったようです。総会でお話ししました登園許可書や与薬依頼書の変更に関しましては、今一度、ご確認をお願いします。

 新年度が始まり、1ヵ月がたちました。その間には、新しい生活がスタートした矢先の大地震など子どもたちをとりまく環境が大きくかわったことでしょう。子どもたちの園での様子をお話したり、ご家庭での姿をお話いただく中で、今後の参考にさせていただきます。よろしくお願いします。

6日(金) こどもの日の集い
12日(木) 動物ふれあいデー
18日(水) 幼年消防クラブ結成式、通報訓練
20日(金) 立田山遠足(ふじ・ひまわり)
25日(水) 三気の家との交流会
27日(金) 誕生会
26日(木) 内科(さくらクリニック)、歯科(北熊本藤波歯科)検診があります。
6月の予定
1日(水)プール開き
3日(金)三気の家との交流会(ふじ)
4日(土)育児講演会
15日(水)三気の家との交流会(ひまわり)
17日(金)お楽しみ会
24日(金)誕生会

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 地震を体験し、子どもたちは大丈夫でしょうか。
 園生活など、少しずつ普段の生活リズムを取り戻し、子どもたちにも笑顔が見られますが、ちょっとした物音や暗やみに恐怖心を抱くことがあるかもしれません。そんな時はしっかり抱いて、楽しかった思い出話をしたり、子どもたちの好きなうたを一緒にうたったり、ひざの上で絵本を読んであげるなど、スキンシップを心掛けましょう。一定の生活リズムを整えることで、睡眠時間を確保し、精神的にも身体的にも安心感を与えてあげられるとよいのではないでしょうか。急に声をあげたり、今までにない行動が見られるかもしれませんが、頭ごなしに止めるのではなく、しっかり気持ちを受けとめてあげましょう。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved