清水ヶ丘保育園 園だより
2016年 3月号

子どもたちと散歩に出掛けると、梅の花が咲いていたり、公園の桜の花の芽が少しふくらんでいたり、様々なところで小さな春を見つけることができました。
 いよいよ3月。子どもたちは、就学や進級を前に小さな胸をワクワクさせながら、その時を待っているようです。ふじぐみさんは卒園を控えて、製作に取り組んだり、他のクラスのお世話をしたり忙しそうです。
 ひとりひとりが、ひとつでも多く、楽しい思い出ができるように見守りたいと思っています。

◎ 春の自然に触れながら元気に遊ぼう。

◎ 進級、卒園に向けて身のまわりのことを自分でしよう。




 27日(日)は卒園式。今年は、17名の子どもたちが清水ヶ丘を巣立ちます。泣いたり笑ったり、にぎやかな子どもたちでした。でも、小さいおともだちに優しく、お手伝いが大好きでその為にケンカをすることもありました。
 2月20日のお別れ会では、保護者を前に見事なトーンチャイム・ベル・歌の披露をして、その成長に目頭を押えるお母さんの姿もあり、思い出がひとつ増えたようです。これからもずっとずっと応援しています。

 進級・入学を前に子どもたちは次のクラスで過ごしたり、ふじぐみさんは大人の箸を使って給食を食べたりして、“体験ごっこ”を楽しんでいます。子どもたちにとって、環境の変化は、様々な影響があります。プレッシャーにならないよう、あたたかく見守ってあげてくださいね。そして、楽しい春を迎えましょう。

 新年度に向けて、道具箱の中身の確認や、衣服、持ち物(コップなど)の記名をよろしくお願いします。平成27年度が終わろうとしています。保護者の皆様には、園へのご理解とご協力をいただき、心から感謝いたします。
職員一同

2日(水) 三気の家との交流会(たんぽぽ)
3日(木) ひなまつり・誕生会
4日(金) お別れ遠足(ばら・ひまわり・ふじ)
12日(土) 入園説明会
16日(水) 卒園式予行
24日(木) 退園式
27日(日) 卒園式
<4月の予定>
2日(土)入園式
9日(土)お見知り遠足・総会

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 <番外編>
 先日、ももぐみの懇談会に参加しました。その中で、排便をトイレでしない・決まった場所でしかしないなどの悩みが出されました(上のお子さまのことでした)。すると、ひとりのお母さんが、我が家では“クサイ・汚いもの”という意識をもたないように「よく出たね」と出してよいものという気持ちをもつようにしています、と言われました。ついつい「くさいね」「わぁ汚い」と言ってしまいそうですが、小さいながらもその声を聞いた子どもはどんな風に受けとるのでしょうか。参加されていたお母さん方は、大きくうなずかれていました。また、ふじぐみ保護者対象の講演会で講師の岸さんの言葉に、子どもたちが見てほしい・聞いてほしいと言ってきたことに「たったそれだけ」という反応をしない、というお話があったそうです。参考にされてみてはいかがですか。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved