清水ヶ丘保育園 園だより
2016年 1月号

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。  職員一同
 2016年が始まりました。お正月はどのように過ごされましたか。ご家族、ご親戚、おともだちと、日頃会えない方々と楽しい時間を過ごしたり、子どもたちも様々な体験ができたことでしょう。
 新しい1年のスタートが気持ちよく、入学・進級に向けてステップアップできるよう、生活リズムを見直し、笑顔で登園できるようにみんなで取り組んでいきましょう。

◎ 伝統的な正月の遊びを楽しんだり、行事に参加しよう。

◎ 冬の自然に触れながら、元気に過ごそう。




 今年の目標の中に入れたいと思います。「おはよう」「行ってきます」「いただきます」などぜひご家庭でも。

 3、4、5歳児の発表会、狭い会場でしたが、あたたかい空気に包まれ、練習を頑張ってきた子どもたちがとても輝いていました。緊張やいつもと違う雰囲気に戸惑う姿もありましたが、本番を終えた子どもたちは満足感でいっぱいだったようです。
 園生活最後の発表会で将来の夢を語ってくれたふじぐみさん、ひとりひとりの夢が叶うよう応援しています。

 このことわざには諸説あるようですが、まずは1年の始まりに計画を立て、準備をしっかりとして取り組みましょう。の意味があります。ご家族で目標や、やってみたいこと、頑張ることを話しあってみましょう。

4日(月) 保育はじめ
6日(水) 初詣(兎谷神社へ)
12日(火) どんどや
15日(金) 誕生会
19日(火) 予行練習(もも、ゆり、たんぽぽ)
23日(土) 発表会
29日(金) スケート教室(ひまわり、ふじ)
30日(土) ひまわりぐみ懇親会
<2月の行事予定>
3日(水)節分、豆まき、誕生会
5日(金)スケート教室(ふじ、ひまわり)
10日(水)スケート教室(ふじ)
13日(土)ももぐみ懇談会
20日(土)ハッピーランチ、就学前講話(ふじ)

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 子どもの機嫌が悪い時、どのようになだめたらいいのかわかりません。
 遊んでいた子どもたちが急に泣き出したり、機嫌が悪くなったり、どうしたらいいかわからない。ということありませんか。泣きやませようとすればするほど大声で泣いたり。つい「なんで泣くの」「おかしいよ」と頭ごなしに泣きやませようと大声を出していませんか?まずはその前に泣きたい気持ちを理解しようと、しっかり抱きしめて「泣きたいことがあったんだね」「そんなに悲しかった」と気持ちを楽にしてあげることが大切です。言葉にできない子どもたちは、感情のままに喜怒哀楽を表現します。自分でもなぜ泣き出したのかわからなくなることもあるでしょう。たまには一緒に泣き真似するのも効果がありますよ。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved