清水ヶ丘保育園 園だより
2015年 1月号

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

 今年のお正月はいかがお過ごしでしたか。離れているご親戚と顔を合わせたり、ご家族でゆっくり過ごされたり、楽しい時間となったことでしょう。
 子どもたちの元気な声と、まぶしい笑顔が戻り、「あのね」と共に、お休みの出来事を話そうと順番待ちする子どもたち。今年度のしめくくりの時期を迎え、一日一日を大切に、進級、進学に向けて、ひとりひとりが充実した園生活を送ることができるよう、ご家庭との連携を大切にしながら保育に取り組んでいきたいと思います。
◎ お正月の伝統行事に楽しく参加しよう。

◎ 寒さに負けないで元気に過ごそう。




 園だよりやクラスだよりで行事や1日の予定をお知らせしていますが、チェックを忘れて忘れ物があったり、時間に遅れてしまうことがあるようです。
 子どもたちは、ちょっとしたことで気持ちが左右されて、意欲をもったり、失ったりすることがあります。
 気持ちよく、そして意欲満々でおともだちと過ごせるようご家族のフォローをお願いします。

 先月のばら・ひまわり・ふじぐみの発表会、たくさんのお客様に来園いただき、ありがとうございました。はりきって演じる子どもたちや緊張と恥ずかしさで真っ白になってしまったおともだち。
「かわいい」「すごい」と歓声を送り、保護者の中には目頭を押さえられている姿もあり、職員もたくさんの感動をいただきました。
 2月には、もも・ゆり・たんぽぽの発表会が待っています。当日までの取り組みや過程を大切にしながら過ごしたいと思います。

 子どもたちの遊びは、遊具を使うものばかりではありません。
 寒い日の園庭、子どもたちが目を輝かせて見せてくれたものは、飛行機ジムについていた雫がかたまってできた小さな氷。冷たいと言いながらもその顔は笑顔いっぱいで、いかにも宝物を見つけたとばかりに得意顔でした。
 自然からの冬の贈り物、次に何を見つけるかな。

5日(月) 保育はじめ
8日(木) 初詣
10日(土) ももぐみ懇談会
13日(火) どんどや
15日(木) 誕生会
24日(土) ひまわりぐみ懇談会
29日(木) もも・ゆり・たんぽぽ発表会、予行練習
30日(金) スケート教室(ひまわり・ふじ)
<2月の行事予定>
3日(火)豆まき、誕生会
7日(土)もも・ゆり・たんぽぽ発表会
10日(火)スケート(ひまわり・ふじ)
13日(金)スケート(ふじ)
28日(土)ふじお別れ会食(保護者同伴)

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 子どもにもっと我慢を知ってほしいのですが。全く我慢ができません。
 人はひとりでは生きていけないと言いますが、ひとりならば逆に自分中心で過ごせるので我慢する必要はないと思います。しかしご家庭や、社会(園生活もひとつの社会です)の中で生きていくと、嫌なこと大変なこと、辛いこともあり、多少の我慢をすることは大切になってくるでしょう。
では我慢できる心を育てる為にはどうしたらよいでしょう。
 やはり、子どもの頃からの経験が大切だと思います。ただし、行きあたり、ばったりや、大人の都合で我慢させるのではなく、正当なことで我慢させることが大切でしょう。その時はわからなくても、ほめてもらったり、正しかったことを認めてもらうことで、心が育つと思います。我慢させるには、「優しい支え」が必要です。まず、ルールや、約束事を決めたり、何より子どもたちに将来どんなことにも耐えられる強い心をもってほしいことを大人が意識することも重要です。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved