清水ヶ丘保育園 園だより
2014年 10月号

 「♪うれしい今日の運動会 みんな元気でにこにこと〜」
 園行事の中でも、子どもたちにとって、大きな成長の機会となる運動会。子どもたちの頑張りはいかがでしたか。
 ご家族のあたたかい拍手と応援、ご協力に心から感謝いたします。きっと、子どもたちの心の中に、最後まで頑張ることの大切さ、やりとげた後に得られる充実感、自身が芽生えたことでしょう。
 今月は笑顔いっぱいの子どもたちと、散歩や、戸外あそびを取り入れながら、たくさんの"秋"を楽しみたいと思います。

◎ 自然の恵みに感謝しながら、触れあって遊んだり、造形あそびを楽しもう。

◎ 散歩や、園外保育を通して、交通ルールや公共の場でのマナーを身につけよう。




 時々、携帯でお子様の写真を撮られている保護者の姿を見ますが、その写真は御家族だけで見られていますか。便利な社会になり、すぐに多数の目に触れることができ、保護者の中にも不安に思われている方がいます。
 十分ご配慮ください。

 お天気に恵まれた9月。子どもたちは汗を流しながら練習に励みました。各クラス、今できることを基本に工夫しながら様々なプログラムに挑戦しました。
「音楽(曲)を聴く」「踊りを覚える」「動く」など段階を踏みながらすすめ、作り上げていきます。
 小道具や衣装をつけることで気分がかわったり、他のクラスを見ることで刺激を受けたり、お互いに応援しあったり…。雨の日、アーケードの下で練習するふじぐみの姿もありました。
 小さいクラスは砂場で遊びながら、聴こえてくる音楽に体を揺らしたり、足踏みする姿がかわいらしかったです。毎日が成長の一歩でした。

 最近、子どもたちとうたっていますか。カラオケに行ったお話は聞きますが、子どもたちにとって心地よい音楽は"童謡"だそうです。
 ゆったりと時間が流れたり、赤ちゃんがお腹の中にいた時に発信する脳波の周波数と子守唄のアルファー波が近いそうです。
 大人にとっても安らぎを与えてくれるとか。一緒にうたいませんか。
「どんぐりころころ」「とんぼのめがね」秋の童謡、たくさんありますよ。

5日(日) 清水湧くまつり(ふじぐみ)
7日(火) 誕生会
8日(水) 老人クラブとのつどい
10日(金) 立田山遠足(ふじ・ひまわり・ばら)
17日(金) 三気の家との交流会(ふじ)
22日(水) 三気の家との交流会(ばら)
25日(土) バス遠足

11月の予定
下旬   稲刈遠足(ふじ)

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 8月の育児講演会、参加できなかったのですが、どうでしたか?
 大変多くの保護者にご参加いただきました。教師経験豊富の肥野真紀子先生をお招きして、「発達に応じた親の役割」と題してお話いただきましたが、人に(子どもに)伝えることの難しさ。年齢に応じた言葉のかけ方や、接し方をはじめ、その時期、その瞬間にどのように接したらよいのか、など、先生の経験談を踏まえたお話は、笑いもありましたが、最後に流されたメッセージが終わると、涙する保護者が多数いらっしゃいました。
次回はぜひご参加ください。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved