清水ヶ丘保育園 園だより
2014年 4月号

 お子様のご入園、ご進級、おめでとうございます。
 園庭の桜、草花が新しい生活の始まりをお祝いしてくれているかのように生き生きと咲きほこっています。
 子どもたちの一歩はまだまだ小さく、期待と共に不安も一緒ですが、少しでも自信に満ちた大きな一歩につながるように、保護者の皆様と共にお子様の成長を見守っていきたいと思います。
 どうぞよろしくお願い致します。

◎ 新しい環境の中で、おともだちや先生と仲良く遊ぼう

◎ 大きな声で挨拶をしよう。





 途中退園したおともだちも集まり、21名の子どもたちが清水ヶ丘を巣立ちました。静かなBGMの流れる中、保育証書を受けとり、感じるものがあったのか、涙ぐむ子どもたち。
 入園の時期は違っても一緒に家族のように過ごした園生活。きっと元気な一年生になることでしょう。

 先日、高校を卒業した6人の卒園児が遊びに来てくれました。
 進路は違っても名前で呼びあうその顔は、成長はしていても在園の頃の面影がたくさんあり、キャンプの写真や卒業文集をひらいて、おもいでに浸りました。
 夏まつりの手伝いに来ますと約束して帰る後ろ姿に、頼もしさを感じました。

5日(土)入園式
11日(金)対面式
12日(土)お見知り遠足、保護者会総会
22日(火)誕生会
23日(水)幼年消防編成式  避難訓練
〜5月の予定〜
2日(金)こどもの日の集い、誕生会
10日(土)動物ふれあいデー
13日(火)内科・歯科検診

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 子どもが園生活に慣れてくれるか心配です。何か気をつけることありますか。
 新しい生活が始まる時、親子で不安を抱くのは当然かもしれません。
 でもご家族の気持ちは子どもたちに全部伝わるようです。「今日は何して遊ぶのかなあ、楽しみね」と期待をもつような言葉をかけることで、子どもたちにスイッチが入ります。
「お母さんも一緒に遊びたかったなぁ〜」と口にすれば、園でしたことを教えてくれるかもしれません。プレッシャーをかけないで自然体が一番。そして一日の疲れが次の日に残らないようリズムのある生活を心掛け、早寝早起き朝ごはんプラス排便で気持ちのよいスタートをきりましょう。
 不安なことや、園での様子がお知りになりたい時は遠慮なく担任までどうぞ。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved