清水ヶ丘保育園 園だより
2013年 9月号

 蝉の声から、そろそろ秋の虫の声にかわり始めたようですが、今年は本当に暑い暑い夏でした。登園してくる子どもたちは、プールバックを片手に、そのまま水の入ったプールに飛びこみたいようで、「あとでね」と声をかけることもありました。
 今月は、運動会を控え、子どもたちも日焼けしてたくましくなった体を使って、様々な頑張りを見せてくれることでしょう。あたたかい見守りと応援をお願いします。
◎ 生活リズムを見通しながら、基本的生活習慣を身につける

◎ 運動会に向かって、ルールを守ることや、おともだちと協力して最後まで頑張ることの大切さを知る



 先日、熊本県立熊本北航行の生徒さん7名を職場体験として受け入れました。中には、卒園児さんもいて嬉しい再会となりました。
「先生、かわいい」「小さな手だねぇ」と子どもたちの純粋な姿に感動した様子で、「私たちにもこんな時があったんだよね」とポツリ。
「また遊びに来てもいいですか」の言葉を残して高校生活に戻っていきました。 
保育士希望の生徒さんもいたので再会が楽しみです。

 ももぐみからふじぐみまで、子どもたちは、日頃、遊んだり、取り組んでいることを織りまぜながら、走ったり、踊ったり、その発達段階に応じたプログラムに挑戦します。
 お客様に見ていただくのは当日、本番のみですが、子どもたちはその日を迎えるまでにたくさん練習したり、転んだり、励ましあったり、様々な体験を通して、子どもたちが成長し達成感を味わえることを願っています。
 子どもたちの経過報告を楽しみにしてください。

 ・お子様の持ち物で、下着やプールカードが間違ってお返ししてあることがありました。園から体調管理を万全にしてプールに入れるようにとお願いして記入していただくものを間違えてしまい、お叱りを受けました。確認をしっかりしていきたいと思います。
 ・おともだちとのトラブルで、担当の対応が保護者に不信感を与えてしまうことになり、ご意見をいただきました。職員間で話し合いをし、保護者のお気持ちに寄り添えなかったことを反省しました。 今後も様々な声に耳を傾けながら、保育をすすめていきたいと思っています。ご意見、ありがとうございました。

6日(金)誕生会
11日(水)園内予行(技走)
12日(木)監査
13日(金)第1回予行練習(ふじ・ひまわりぐみは清水小学校)
17日(火)園内予行(ダンス)
18日(水)第2回予行練習(ふじ・ひまわり・ばらは清水小学校)
24日(水)三気の家との交流会
21日(土)運動会準備
22日(日)運動会
25日(水)プール納め
10月の予定
10日(木)老人クラブとの交流会
11日(金)誕生会
18日(金)立田山遠足(ふじ・ひまわり・ばら)
26日(土)バス遠足

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 なかなか素直に「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えません。どうしたらいいのでしょう
 おともだちとケンカした時、お約束が守れなかった時、「ごめんなさいは?」と催促されてる子どもたちの姿を見かけます。でも催促されたから口にした「ありがとう」や「ごめんなさい」は心に響くものでしょうか。
 なぜ言わなければならないのか、の"なぜ"が理解できないと、口先だけの「言葉」になってしまうのでは。
 まずは、大人がこんなときに言うのだよ、こう言われたら嬉しいよとお手本を示して、言葉の意味や、場面が理解できるようにして、「心からの言葉」にしましょう。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved