清水ヶ丘保育園 園だより
2013年 5月号

 立田山の木々の緑が日に日に色濃く、様々な鳥の泣き声を聞くことができます。自然の移りかわりを身近に感じられるのは、子どもたちの成長にもよい影響を与えてくれることでしょう。五感をしっかり使って自然の息吹きを感じてほしいと思います。
 新しい生活環境に戸惑っていた子どもたちも笑顔で過ごせるようになってきて、各保育室からは元気な笑い声や歌声が聞こえてきます。
 戸外あそびには絶好の季節、体を十分に動かして園生活を楽しみたいと思います。
◎ 大きな声で挨拶しよう

◎ 自然の移りかわりを感じながら体を十分に動かして遊ぼう




 13日のお見知り遠足、総会や個別面談等、お忙しい中、ご参加、ご協力いただき、ありがとうございました。
「立田山に、あんな所があったんですね」など様々な感想もいただきました。面談では、お子様の家庭での様子や、保護者の皆様の子育てに対するお考えを聞くことができて、大変参考になりました。
 今後もお気付きのことや、ご相談がありましたら、いつでも声をかけてください。
 子どもたちは、何かできるようになったり、自分で発見したりすると、「見て見て」とアピールしてきます。
それは、大人に認めてほしいからだと思います。認めてもらうことで、自信となり、またほめてもらおうと次へのチャレンジにつながります。

 「あなたの体は、あなたが食べたものでできていますよ」ある研修での講師の先生の第一声でした。参加者のドキッとした顔。当然のことですが、こうまでハッキリ言われると、「そう言えばスナック菓子食べた」「炭酸飲料ばかり飲んでる」など、はたして自分の体は大丈夫だろうかと反省することばかり。
 勿論、子どもたちの体も同じです。
子どもたちの体がチョコや好きな物ばかりでできあがらないように気をつけましょう。生活習慣病の低年齢化も問題になっています。

2日(金) 誕生会・こどもの日の集い
9日(木) 三気の家との交流会
14日(火)内科・歯科検診
 ※内科・・・さくらクリニック 前田先生
  歯科・・・北熊本藤波歯科  藤波先生
 気になることがありましたら事前にお知らせください。
17日(金) 立田山遠足(ふじ・ひまわり)
18日(土) 動物ふれあいデー   救急救命法講習会(保護者対象)
21日(火) 交通安全教室
22日(水) 避難訓練
(6月の予定)
1日(土)ゆりぐみ保育参加、懇談会
4日(火)プール開き
8日(土)ふじぐみ保育参加のキャンプ説明会
15日(土)ひまわりぐみ保育参加

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 休日の過ごし方で、気をつけることってありますか。
 家族揃ってのお休み、どこへ行こう、何しよう  それともゆっくりお家で過ごす。計画をたてる時に気をつけていただきたいのが、お子様の生活リズム。
  大人の時間で振り回してしまうと、疲れが残ったり、体調を崩したりすることがあります。無理な計画は避けて、大人も子どももリフレッシュできるように。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved