清水ヶ丘保育園 園だより
2013年 1月号

あけましておめでとうございます。
ご家族お揃いで、楽しいお正月を過ごせましたか。
ご家族の一員として子どもたちも何かお手伝いができましたか。今年度も残すところ、あと3ヵ月。就学、進級に向けて、気合も新に取り組みたいと思っています。

今年も、休育園、クラス運営に対しまして、ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
          職員一同
◎ お正月のあそびや伝統行事に参加して楽しもう。

◎ 寒さに負けないで元気に過ごそう。




 子どもたちに朝、声をかけられていますか。一言ですが、これは魔法の言葉だと思います。
子どもたちが、園生活に入る時に気持を切り換える為にも、大切な一言を毎日忘れずに。
そして、「ありがとう」「ごめんね」も、大人が手本を示して言葉にしましょう。きっと素直に言えることでしょう。
 お忙しい中、たくさんの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
初めて杵を、持ったお父さんもいらっしゃったのではないでしょうか。顔を真っ白にしておもちをほおばる子どもたちも嬉しそうでした。古くから伝わる行事を大切にしながら、子どもたちと続けていきたいと思っています。

 「あっママがいる」「パパー」と幕が開いた途端、ご家族を見つけて手を振る子どもたち、また泣き出す小さいクラス・・・
狭い会場で、大変ご迷惑をおかけしましたが、譲りあって座っていただき、あたたかい拍手を送ってくださって、本当にありがとうございました。「あのね、上手にできたね、とほめてくれたよ」と報告してくれる子どももいました。またひとつ成長した姿を見せてくれました。

4日(金)保育始め
8日(火)初詣で
11日(金)どんどや
12日(土)たんぽぽぐみ保育参加
18日(金)誕生会
19日(土)ゆりぐみ保育参加
29日(火)スケート教室(ひまわり、ふじ) 卒園記念写真撮影(ふじ)
2月の予定

2日(土)ももぐみ保育参加
8日(火)15日(火)スケート教室
23日(土)育児講演会  おたのしみ会

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 自分のことを園ではしているようですが、家ではしようとしません。どうして
 衣服の着脱や食事、排泄など、ご家庭では自分でしようとしないとのこと。まず園では意欲をもってしようとする気持ちをひき出すような言葉かけや、今、どこまでできるのかをひとりひとり見るようにしています。またそれには待つことも大切。ちょっとできないから。とすぐに手を出すのではなく、一緒に「あと少しあと少し」と声にしたり、できた時には「できたー」と手をたたい  たり。ぜひ見守る余裕を持ってみてください。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved