清水ヶ丘保育園 園だより
2012年 10月号

 風に落ち葉が舞い、木々の色も黄色や赤にかわり、秋の訪れを感じさせてくれます。
運動会の練習を通して様々なことを学んだ子どもたち、さらに心も体も大きく成長し、残りの半年を充実した日々にしていくことでしょう。
 食欲の秋、運動の秋、読書の秋、ご家族で取り組んでみてはいかがですか。園生活の中でも、楽しい秋を見つけたいと思います。
◎ 自然の恵みに感謝し、 収穫する喜びや、自然物を使った遊びを楽しむ

◎ 園外保育を通して、交通ルールや公共の場でのマナーを守り、楽しく過ごす




 運動会の練習を見ていると、必ず終わってから「先生どうだった?」「見てた?」と尋ねにくる子どもたち。「うん とっても上手だったよ」「よく足が上がるようになったね」など、できるようになったことを言葉で認めてあげると「ほんとう。よかった。また頑張るから、見ててね」とさらに次への意欲がわくようです。
 子どもたちは、一生懸命に取り組み、その評価を求め、がんばりを認めてもらえることでステップアップしていきます。子どもたちの成長に欠かせないもののようです。

 9月19日〜21日の3日間、竜南中学校の2年生7名(男の子3名 女の子4名)が職場体験にやってきました。中には3名の卒園児もいて、久々の再会。
初日は中学生の園児も少々緊張気味で少し距離をおいていましたが、そのうちにひざに座ったり、甘えてみたり。どう接していいのかわからなかった。ゆりぐみの男子3人・・・そんな中、泣いていたゆりぐみの女の子がひざにチョコン。隣の同級生(卒園児)から「よかったな」と声をかけられ、本当に嬉しそうでした。最終日、お別れの時、女子中学生の目には涙が・・・。
この経験がきっとプラスになることでしょう。

12日(金)立田山遠足(ふじ・ひまわり・ばら)
13日(土)ももぐみクラス懇談会
20日(土)老人クラブとの交流会
22日(月)避難訓練
24日(水)三気の家との交流会(ばら)
26日(金)誕生会
27日(土)バス遠足 (詳細は後日プリントを配布します
28日(日)わんぱくまつり(於雑草の森)
下旬 稲刈り(ふじぐみ)

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 何でも自分でしようとするのですが、時間がかかって困ってます。
 子どもたちは、自分ができるようになった気持ちになり  その中でお兄さんお姉さん気分を味わうようです。またできないことにも挑戦しようとする意欲は大切にしてあげたいものです。
  時間がかかってしまうのは、まだまだ未完成の部分が多いからでしょう。 そこで「ちょっとだけお手伝いさせて」「すごい、ここまでできたんだ」とあたたかい言葉をかけると満足できると思います  そして、大人も待つ余裕をもちたいものです。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved