清水ヶ丘保育園 園だより
2012年 4月号

目の前の立田山からウグイスの声が届き、桜の木には、かわいい、きれいな花が咲いています。
優しい春の日射しの中、進級、入園した子どもたちは、新しい生活に不安と期待が胸いっぱいのことでしょう。
これからは、保護者に皆様と共にお子様の成長を見守り、応援していきたいと思います。
一日一日の積み重ねを大切に、小さな成長にも心をとめて、喜びを共有していきましょう。
どうぞよろしくお願い致します。 職員一同
◎ 新しい環境に慣れて、おともだちや先生と楽しく過ごそう。

◎ 大きな声で挨拶をしよう。



3月24日(土)、18人の子供達が卒園しました。中には7年間保育のおともだちもいて、保護者と共にその成長を喜びあいながら、式を終えました。
きっと立派な1年生になってくれることでしょう。
 ご協力、ありがとうございました。
新しい生活が始まることは、子どもたちにとって、不安もあると思います。そんな時に洋服がなかったり、ノートやシール帳、コップを忘れると、ますます不安になります。
毎日用意するもの、活動によって呼びかけのあったものなど、子どもたちが戸惑うことのないように準備をお願いします。

朝夕、送迎の時間帯は大変駐車場が混み合います。路上駐車も周囲にご迷惑がかかりますので、時間には余裕をもってご利用ください。保育室と車の間は必ずお子様と手をつないでの移動をお願いします。

7日(土)入園式
13日(金)対面式
14日(土)お見知り遠足、保護者会総会
・雑草の森で行います。詳しくはプリントで。
20日(金)誕生会
24日(火)避難訓練、幼年消防クラブ編成式

 このコーナーは保護者からのお尋ねや、ちょっとした子育てアドバイスの場です
 親子でどうしても朝に弱いのです。つい、朝が、あわただしくなってしまいます。
 駐車場に立っていると、子どもたちを送り出し、車まで駆け足でもどる保護者の姿をよく見かけます。それほど、朝の数分は大切なのですね。そこで、朝はリズムよく、余裕を持ってスタートしたいものです。その為には、朝起きる時間から逆算して、眠る時間など、見直ししてみましょう。
 また、朝起きたら、まずカーテンを開けましょう。太陽の光は脳を活性化させ、朝だよ!の目覚ましがわりになります。そしておいしい朝ごはん。
 親子で新年度が始まるこの時に、生活の見直しをしてみませんか。子どもたちの生活リズムを整えてあげることが、何より大切です。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved