清水ヶ丘保育園 園だより
2012年 3月号

 今年の冬は例年にない厳しい寒さで、草花の開花が遅れているようです。それでも近所の玄関先の梅の花が日に日に花をつけて、お散歩の寄り道コースになっています。春はもうそこまで近づいているようです。
 そして子どもたちも、卒園、進級に向けて、小学校を訪問したり、進級するクラスにお邪魔して過ごしたり、それぞれの準備を始めています。
 今月は、1年の総まとめの月として、楽しい思い出を増やしつつ、ひとつひとつ身のまわりの確認をしていきたいと思います。
◎ 春を探しに出掛けよう
 〜園内・園外、いつもは気づかない小さな芽や虫が見つかることでしょう〜

◎ 卒園、進級に向けてできること探しをしよう
 〜4月にはできなかったことが、ひとりでできるようになった、少しだけ手伝ってもらえるとできる。と言えることが、たくさんあります。次へのステップとして確認してみましょう〜



継続申請の書類提出のご協力、ありがとうございました。確定申告手続などお済みでないご家庭は、揃い次第提出をお願いします。
 育児講演会、お楽しみ会へのご参加ありがとうございました。
 尾道先生のお話、いかがでしたか。真剣に耳を傾けられている保護者の皆様の表情が印象的でした。”ぶんちゃ〜ん”のかけ声で始まったマジックショーは、大人も子どももぶんちゃんの手元に目が釘づけでした。”ウワ〜ッ”と歓声があがり、ぶんちゃんワールドに魅了されました。おうちでもマジックショーが続くかもしれませんね。

ふじぐみは、清水小学校に出掛け、1年生と交流を行ないました。机に座って、プリント学習をしたり、1年生の先輩と一緒に遊んだり・・・学校ってこんなところ、という体験をしました。ご家庭によっては、家族で通学の練習をしているそうです。入学が待ち遠しいですね。
また卒園児も次に進級して過ごす保育室で遊んだり、給食を食べたり、進級ごっこをしています。子どもたちにとって環境の変化は大きな影響があります。プレッシャーにならないよう、あたたかく見守ってあげてくださいね。そして楽しい春にしましょう。

2日(金)ひなまつり会  誕生会
6日(火)園内お別れ会
8日(木)三気の家との交流会(たんぽぽ組)
10日(土)お別れ会・会食・就学前講座
 (ふじぐみの保護者をお招きして)ぺぺの会
15日(木)お別れ遠足(ばら・ひまわり・ふじ)
16日(金)21日(水)卒園式予行・退園式
17日(土)入園説明会
24日(土)卒園式
(卒園児代表として、ひまわりぐみが参加します。他クラスは家庭保育のご協力をお願いします。ご都合のつかれない場合はご相談下さい)

 このコーナーは保護者の皆様のご相談や悩みについてお答えします。
 卒園式ってどんなことするんですか。
 卒園児の中には7年近く在園した子どもたちもいます。
その間、歩くようになったり、おしゃべりするようになったり、ひとりひとりたくさんの成長を見せてくれました。勿論子どもたちが園生活をしている間、ご家庭の皆様も仕事や家事をこなし、時には悩んだり、一緒に泣いたり笑ったりしながら、日々過ごされたことでしょう。子育て仲間も増えたことでしょう。
 そんな思いを胸にこの日、親子で卒園されます。保育証書を受けとったり、ひまわりぐみや職員と言葉やうたのかけあいをして、思い出を語り合いながら過ごします。保護者だけでなく、子どもたちの目にも涙があふれます。
卒園式はお別れの為のものではなく新しい世界に旅びたつ日を祝うものです。

C) shimizugaoka -hoikuen All Right Reserved